2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

カテゴリ:③ラーメン の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大間の本マグロ(笑) 2012-11-16

kage

2012/11/16 (Fri)

みなさぁぁぁん。えび吉です。

先日下北半島むつ市におじゃましてきました
1泊2日のPTAの研修大会
真面目な勉強会なんですが、交流会もあるのでみんなで楽しんでこようって寸法です

ところで下北半島といえば…
北海道並みに周りを海で囲まれた環境が示すとおり、お魚がうまぁぁぁいところ
えび吉は同じ青森県でも、内陸部なのでちょっとワクワク

大間のマグロ000

特に有名なのが、大間のマグロ
アクアリストの端くれとしては、ぜひ水槽に入れて飼ってみたいですよね
…じゃなくて、食ってみたい
でも、いいのは築地に行っちゃうし、高級品なのでほとんど地元でも出回りません
ということで、はたして今回の下北訪問で、えび吉は大間のマグロを食えるのか…

で、丁度お昼ごろにむつ市に到着
昼食は自由行動なので、早速を食おうということで入ったのが回転ずし

大間のマグロ001

寿司屋ランキング1位なんてめでたいところがあるじゃないか。
「下北食堂」という食堂も併設されていて地元のお店なんだろうし、中トロ、大トロの看板もあるし、これは大間産のマグロいきなりゲットか

大間のマグロ002

えび吉の地元じゃ、かっ寿司がダントツのナンバー1だと思いますが…
さすが下北、魚に関しちゃ地元店が負けていませんね

大間のマグロ003

入店から5秒で頼んだ…大トロ275円中トロ200円(共に1貫の値段)

うまあぁぁぁぁぁぁぁい
ちゃぁんとトロの味がしてるし(当たり前だ)、久しぶりだなぁ
そういや、最近セガレ達のリクエストで、かっ寿司ばっかりだもんなぁ…

で、ツレ(うちのPTA会長)が寿司を握っている兄ちゃんに聞いてみた
「これって、大間産
知らないらしく、近くの店員に聞いてから…
「あ、違います。冷凍モノですだって…

そうだよな…大間にしちゃぁ安すぎるよな…
でも、うまかったぁ。
他にエンガワや鯛、ヒカリものもおいしくて大満足
ちなみにトロ以外のものは、2貫で105円。
やっぱり近くにかっ寿司がある影響でしょうか



で、研修会が終わって(省略かよ)、いよいよ夜の交流会
乾杯が待ち遠しいなかむつ市長の歓迎のあいさつがあり…
最後の方でサプライズがあった
来賓として同席している大間町長が、な、なんと…
100kg級の大間産本マグロを1本差し入れしている
…というのである
そいつが、これだぁ


        

        

        

        

        

        

大間のマグロ006

100kg級ですから、デカイっていう感じではないですが、やっぱりモノホンは迫力がありますよね

大間のマグロ004

ケータイ写メなもんで、画像が暗くてすいません
(しかし赤い色の食べ物を、赤い皿に盛り付けるのってどうなんでしょう)
これがひとテーブル用10~12人前でしょうか

大間のマグロ005

本物のトロって、とけるんですよね…口の中の体温で…
でも大間産のマグロって、いつ以来だったかなぁ…
あ、言うまでもないのでしょうが、超美味しかったですよ

大間のマグロ007

この丸いステッカーが本物の証し
ここにタバコの箱が2つ余裕で乗っかる大きさ…って言えば、大体の大きさがおわかりでしょうか

こうして、交流の宴は二次会…三次会へと続いてゆくのでした




翌日も研修会の日程がありまして、元横浜市長の中田宏さんの講演がありました。
で、閉会式も終わって(省略ばっかりだな)、丁度昼食

で、当然えび吉としてはラーメンをいただきませんとね。
で、ラー吉に変身したえび吉が向かった先は…

大間のマグロ008

いや、事前にリサーチしていた訳ではなくて、偶然入っただけのお店です

大間のマグロ009

ラーメン400円(450円だったかな
ごく普通の鳥ガラスープのきれいな味です。
チャーシュー、メンマ、ねぎ、ナルトにノリ。ここになぜか津軽ラーメン純正の「麩」までがトッピング。

大間のマグロ010

麺は中細、中縮れのあくまでも中華料理屋さんのおばちゃんが作った、普通のラーメン
おいしかったぁ…
飲んだ次の日の疲れたコンディションの胃に、とても優しい一杯

大間のマグロ011

これはツレ(うちのPTAか…あ、さっき言ったっけ)が頼んだ味噌ラーメン。
小ライスが付いて600円(650円だったっけ
疲れたコンディションの胃には、ライスはストレス…残してすいません

でも、おいしかったです。ごちそうさまでした



最後までお付き合い、ありがとうございました。
お疲れちゃんのポチなど…
順位が100位より落ちちゃってヤバいヤバい
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
       にほんブログ村



大間のマグロ012
三次会で行ったお店の、女の子の名刺ですよ
ツレと二人でこの店に来て、カウンターでママと飲んでいたんだけど…
なぜかえび吉ツレママこの子の4人で、四次会に行くことに…
ママもこの子もきれいな子でして…なんと親子(母娘)でした
で、親子(母娘)どんぶり…は食べないで、ちゃんとホテルに帰って一人で寝ました
なんて、安全パイな俺ら
っていうか、最後あんまり覚えてないし…

むつに来たら、また行くからにゃぁ…

スポンサーサイト

工藤そばや@黒石市 2012-05-19

kage

2012/05/19 (Sat)

みなさぁぁぁん、ラー吉です。
(ラーメンネタのときは「ラー吉」ですよ)

最近なんか忙しくて、なかなかブログを更新できないラー吉です。
でも今日は、久しぶりにたまりにたまったラーメンネタで行きますよ

ラーメンカテゴリ第10杯目のメモリアルな今回は、「味の店工藤そばや(工藤製麺所)」です

工藤そばや01

歴史あるのれんをくぐらんとする、うちのセガレ2号です。
訪問したのは去年ですので、まだ1年生のとき。
1号(当時4年生)はもう中に入っちゃった

のれんにあるように本業は「製麺所」です。
なのでここのラーメンの麺は自家製です。ってこの説明要りませんね

メニューはメインのラーメン、焼きそばのほかに、丼物、チャーハン、カレーとご飯ものもありますよ

工藤そばや02

ラーメン大盛り。値段は忘れましたが大盛りで500円か550円だったと思います。(普通盛は450円)
ご覧のとおり麺量はかなりの多め。
二日酔いのお昼ごはんで行ったんですが、正直危うく残すところでした

工藤そばや03

正しく津軽ラーメン。…の証し「お麩」がしっかり入っていますよ

中細で少し平たく、不規則なちぢれ。
スープは、煮干しがきいていて少し酸味もあります。醤油の風味は薄めですが塩味強。
正しく津軽ラーメンと書きましたが、煮干しのすっきりしたスープは、生粋の津軽人であるラー吉の体に沁み入ります。
うま~い


工藤そばや04

お土産のやきそば。これも値段忘れましたが、麺は200gとのウワサ。
今日来れなかったお母さん(妻)へのお土産です。
黒石は焼きそばの町。
これももちろん、おいしいですよ

ちなみに、「持ち帰りラーメン」もあります。
生ラーメン70円、スープ30円の100円也。
カップヌードルより安いぞ、おい
破格の低価格は、製麺所直営店ならではですよね

ごちそうさまでした




最近サボりっぱなしで、ランクも下がりまくり
ま、自業自得なんですがね…
そんなえび吉に、ポチっとお願いします
       
       にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
        にほんブログ村

ラーメン大将@黒石市 2012-04-17

kage

2012/04/17 (Tue)

みなさぁぁぁん、ラー吉でぇぇぇす。
(ラーメンネタのときは「ラー吉」です)
1か月のご無沙汰でした

年度末は色々とありまして、更新が難しかったです
特に今年はビッグプロジェクトがね、ありましたから
でも、まったく時間がなかったのか…といえばそれはそうじゃないですよね
なんか、写真撮って、サイズ変えて、アップロードして…ってこの作業がなかなか面倒くさい
気分が乗らないとなかなかね

という訳で、言い訳はこのぐらいにして久々の更新は、ラーメンネタでいきますか

今回はラー吉の地元の老舗のラーメン屋さん。
札幌系のお店ですが、かれこれ40年以上になるんじゃないでしょうか。
お客さんの9割以上(多分)が味噌ラーメン系をオーダーします。
札幌味噌ラーメンのお店ですが、なんか…黒石の味って感じですよ。

よその人に言わせれば、しょっぱいだけとか、味噌煮込みうどんラーメンだとか、ガチに札幌じゃないって感想が多いようですが、黒石の人はみんな大好きです。
(みんな…ってところは、だいたい何パーセントなのか各自で解釈してください

で、ラー吉もここの味噌ラーメン大好きです。
今日はお店じゃなくて出前でいただきます

ラーメン大将1@黒石市

ジャーン、味噌ラーメン大盛り750円也(普通盛は650円)

出前ですから、スープ多めですね。
ラップをはがすとき、熱いですから気をつけてくださいよ

カイワレ大根がアクセント。
あと、もやしもたっぷりですよ。

たっぷりといえば、ニンニクもたっっっっぷり入っていますから、これからチュウする方はお二人でお召し上がりください

ラーメン大将2@黒石市

ご覧のとおり、麺は黄色い中太のストレート。
初めて食べた時は、コシも強いし「なんじゃこれ」って思いました。
だってそれまでは、ラーメン(中華そば)といえば、縮れ麺しか知らなかったですからね

ラーメン大将3@黒石市

はい、あっという間の完つゆ(スープまで飲み干すこと)です

ひと月も食わなきゃ、禁断症状がマジで起こる黒石市民のソウルフード
(といってもいいんじゃないかな

画像に写るレンゲは、出前には付かない代物ですよ。
ラー吉は(ドラえもん風に)「マイレンゲ…」と言って机から出して使います

健康のために、完つゆはやっちゃいかんのですが、ラーメン大将の味噌ラーメンは別格です

ところでこの店には味噌系のほか、塩も醤油もあります。
が、食っちゃいけません。
お店の大将曰く…

「うちの醤油ラーメンまずいですよ」

だって。
なんていう潔さ。
ちなみに塩も同様だと思います。


ランキング、もうだいぶ落ちちゃったぁぁぁ
みなさん、ポチっとお願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


あ゙~、また食てぐなってきたぁぁぁぁぁぁぁぁ
      (誤字じゃないですよ。津軽弁ですよ

中華そばおのむら@青森市浪岡 2011-12-05

kage

2011/12/05 (Mon)

みなさぁぁぁん、ラー吉(えび吉)だっちゃ。
だっちゃ…は北陸方面の方言でしたっけ?
あ、ラムちゃん…。

久しぶりのラーメンカテは、おのむらさん(青森市浪岡)。
今年の9月にできたばっかりの新しいお店。
前々から言っていますが、旧浪岡町は煮干しラーメンのおしい店の宝庫。
その浪岡に新店と聞けば、行かないわけにはいかないじゃないですか

さてこのお店…ちょっと変わっている。
郊外の閑静な住宅街にひっそりとあり、しかも看板なしで暖簾のみ。
ご近所さんを相手にしているので、宣伝なんてまったくしないという隠れ家的なところらしい…

後日入手した、「おのむら」の外観。暖簾はあるけど…
おのむら暖簾

先にレポートを入れてるラーメンブロガーたちの情報で、場所と味の方向性などをとりあえずインプット。
めでたく「そのうち行かなきゃリスト」入りだ。
他のことはすぐ物忘れするくせに、なぜかラーメンのことだけは頭に入るラー吉だ

リスト入り数日後、早速行けるチャンスがやってきた。
ま、浪岡地区はラー吉の家からほど近いので、チャンスというそんな大げさなことではないのだが、ちょっと青森市の奥座敷、浅虫温泉に行く用事があって、浪岡でお昼食べてから行こうというタイミングなのである

時計は12時。
サクッと仕事をまとめてそそくさと準備を整え、車上の人となった。
旧国道7号を北上し、青森南警察署も過ぎたし、えーっとこの辺…そろそろ右に曲がろうかなぁ…
あ、通り過ぎちゃった。じゃ、この先の信号を曲がるか…

いつもならちゃんと住所をナビに入れて行くのだが、この日に限って忙しく準備ができなかったので、頭の中にある大体の地図を頼りに向かうので心細い。
そうでなくても看板もない、ひっそりとした住宅街に紛れ込んでいるようなお店なのに、果たして行けるのか

信号を右折して、さらにもう1回右折してと…よし、目的の住宅街に突入だ。
とりあえず、この住宅街の中にあることは間違いない。
ぐるぐるまわりゃなんとかなるだろうとタカをくくっていたのだが、もう一回右折してみて、突き当たった角を道なりに左へ曲がると…
あれれ…あ、あれかな…
あ、あった。
あっさりと見つけちゃった

あはははは…
ブログ的には軽いトラブルがあった方がネタとしては面白いんだけど、見つけちゃった。
ま、腹も減ってるし浅虫温泉にもギリギリだし、早めに見つかってよかったよかった…って変な納得をしながら車を駐車場に入れた。

この日は小雨交じり
そのため唯一「開店中の証し」であるはずの暖簾を店内に掛け、おのむらはひっそりと営業していた。

店内はカウンターのみ5~6席ほど。
作業着姿の30代サラリーマン風の先客さんが、スープをすすっていた。
メニューは「中華そば」一本それまで…(それは柔道…)
定番のチャーシューメンや、おにぎりとかのサイドメニューも一切ない
ただし、麺はストレート手もみちじれから選べます。

中華そばおのむら@青森市浪岡

中華そば(ちじれ麺)400円+大盛50円。
おかみさんひとりで営業していて、オーダーから3分少々でご対面となった。

煮干しの香りが、う~ん…やさしくていい感じ。
しょうゆだれもあっさりで、やさしそうなおかみさんの人柄がよく出ていて、ホッとする一杯だ。
今回は細めのちじれ麺をチョイス。出汁をよく絡め細めでありながら、もちもちした食感の食べ応えのある麺だ。
チャーシューも大きめで、これで450円とは驚き…抜群のコスパ
大満足のラー吉でありました。

先客が、おいしかったですまた来ますなんて生意気なことぬかして帰ったあと、おかみさんとちょっとお話しをと思い、中に掛けていた暖簾の話しを振ってみた。

店の玄関に軒先がないので、雨の日に暖簾を外側に掛けると濡れてしまうのだそうだ。
開店祝いに親しい友人からいただいた大切な暖簾なので、濡らしたりしたくない…という思いから、雨の日は中に掛けざるをえないというのである。
なのでこれから冬になると雪が降るので、中に掛けるしかないんですよ…とのこと。
この日は中に掛けるも、戸が開いていたので営業中と分かったけど、冬は寒いから開け放しておくわけにもいかないだろうし、案の定どうしたものか困っているとのこと。

ま、なんとかしてくださいと思うラー吉でした。

しかしこのクオリティで400円。
新店でも、相変わらずハイレヴェルな浪岡…恐るべし

太安@青森市浪岡 2011-11-19

kage

2011/11/19 (Sat)

みなさぁぁぁん、ラー吉(えび吉)ですねん。
ねん…関西か?

以前青森市の浪岡地区は、レベルの高いラーメン店(食堂)が多いという話をしましたが、今日もその浪岡のお店ですねん。

場所は浪岡を東西に横切る旧国道7号沿い。
ライバル?もたくさん集中する、一応ラーメン激戦区でしょうかね。

メニューはラーメンのほか、丼ぶり、定食、うどんやそばにカレーの何でもありです。
醤油味のラーメンは、ご覧のとおりの「津軽中華そば」。
中細縮れ麺は手打ちかな。
煮干しがしっかりときいてて、一口飲んでにっこり(笑)
おばちゃん二人で切り盛りしてて、女性の気配りかお新香がつくのも嬉しい。
こういうホッとする感じがラー吉はいいんだなぁ。
この日はラー吉家4人で醤油ラーメン4つ。
煮干し味には舌が肥えてる、セガレ1号2号も納得のおいしさでした。

あとここの味噌ラーメンも、正しく「津軽味」。
甘い味付けに、モヤシやキャベツなど野菜たっぷりなラーメンなんだって。
次はそれだな。

大安@青森市浪岡

余談ですが…
この店の名前、看板には「太安」、店舗の外壁には「大安」と書いてある。
「太」と「大」…点ひとつの違いが謎(笑)
ラー吉がいつもカキコしているラーメン掲示板の情報で、おそらく正解は「前者」と結んである。
なのでラー吉も「太安」説を支持します(笑)

浪岡のラーメン。まだまだ紹介していきますよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。